「ローラ・ローズ」
ジャクリーン・ウィルソン 著 「ローラ・ローズ」 という 作品を 読んだ
舞台は イギリス 主人公の少女は カッコイイ女の子に 憧れる
想像力豊かな女の子!
弟は 父親と サメのジョージが 大好きな甘ったれ!
母は 元モデルで やさしいけど 恋多き トラブルメーカー!
父は 元ロック歌手のハンサムだけど ヤキモチ妬きで 酒を 飲んでは 暴力を 振るう
ある日 暴力に 耐えられなくなった母は 子供たちと一緒に
スクラッチカードの当選金 1万ポンドを持って 家を飛び出す
少女は 逃亡生活の中で 「ローラ・ローズ」と 名前を変え
様々な問題を 乗り越えてゆくのだが
最後は ケンカ別れした 母の姉妹が 救世主となって 現れるのであった

まぁ ざっと こんな話なのだが はて さて どこかで 似たような話が
あったような…? なかったような…?
でも なかなか 面白かったので ヨシ! と することにしよう!
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-17 00:45 | 映画・TV・本・音楽・王子 | Trackback | Comments(2)
手作りお菓子が飛んできた!
今朝 Nさんから 荷物が 届いた
ドキドキしながら 箱を 開けると 色とりどりのお菓子たちが
それは それは 元気に 笑っていた
控え目に 添えられていた 小さなメッセージカード…
その一言に ココロが きゅんとなって 踊りだす

Nさんは 本当に はっぴ~&サプライズな人だ
いつだって こちらの気持ちが くさくさしているときに
びっくりして 感動して 涙が 出ちゃうようなことを してくれる
もしかしたら 千里眼? 超能力?
いや いや 赤い糸で 結ばれているとか?(笑)

Nさん 本当に ありがとう! むくむく 元気が 出てきたよ!
もう 我慢出来ないので とっておきの紅茶を入れて いただきませう
おっと 食べる前に 見せびらかしちゃうもんね~ん♪

e0068119_10275466.jpg
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-15 10:36 | day's | Trackback | Comments(2)
ママ猫
このところ ママ猫は ずっと Streetに 居る
それは それで 嬉しいのだけど あんまり じっとしているものだから
ついつい 気になって 声を かけてしまう
ママ猫は 声を 掛けるたびに 瞳を 細めて 笑っていた

かれこれ 10年の付き合いだねぇ…
あたしは どんどん おばさんに なっていくのに
彼女は 相変わらず 美しいままだ

なのに あたしゃ…  このままじゃ マジ イカんよなぁ… 
やりたいことは 山ほどあるのにさ
どうしても やる気になれないんだよなぁ…
ママ猫のパワーを 少しでいいから 分けておくれよ…

そう 云うと ママ猫は ただ 笑っていた

e0068119_164352.jpg
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-14 16:44 | Cat's Street! | Trackback | Comments(2)
こんな時は…?
今日は 珍しく 朝から お出掛け!
9時半すぎ バスに 乗って(暑くて 歩いていられない… ) 新宿駅へ
ちゃちゃっと 買い物してから チャンスセンターで 当たっているはずである
ロト6の当選を 調べてもらったが またもや 残念無念… (涙)
ムカついたので 悔し紛れに 小金持ち用 ナンバーズ3を 1000円分買ってしまった
無論 帰路は 眉間に シワを 寄せながら ぶりぶり ダラダラ 汗だくの帰還である
うぅぅ こんな時は ビールでも ググッと 飲みたいところだよねぇ…

最近 ハマっているのは コレ! うそっこビール(発泡酒)だけど なかなかのモノ!
ナンバーズが 当たったら まとめ買いしよ~と!(笑)e0068119_1836099.jpg
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-13 18:36 | day's | Trackback | Comments(2)
911
今日は 久しぶりのニィニィのDay!
まずは 入り口で チビクロンと ご挨拶! ハナと フカフカも やって来て
ハイハイ 待て待てと おやつの準備を していると 突然 雨が ぽつり ぽつり… 
木の下に 一時避難したものの 雨足は どんどん強くなり おまけに 雷まで
うきゃ~ こりゃイカんわい! と 小さな駐輪所に 逃げ込んだが
すでに 時遅し 頭から つま先まで ずぶ濡れですよ!
うそ~ 今日は 降水確率20%でしょうが~ まるで 嵐じゃん!
更に 雨足は 強まり ゴウゴウと 氾濫した河川の如く 流れているではないですか!
うぎゃ~ ここも 危ないじゃん! ビルの軒下に なんとか移動したものの
雨も 雷も 一向に 収まる気配はなく 身動きできず… (汗)

ようやく 雷も おさまり 雲が 切れてきたので もう 大丈夫だと
小雨まじりの墓地に 戻って オヤツの支度を はじめたのだが… 
またもや 雨! 雨ですよーーっ!
うぎゃぎゃーと 先程の軒下で 寒さに 震えながら 1時間の待機… 
彼らは 無事に しのげているだろうか …

ふと 時計を 見て 今日が 9月11日であることに 気付いた
世界が 変わった日…
そして あの時 東京は 嵐に 見舞われ 今日のように 激しい雨が 叩きつけていた

なんとか 雨も 小降りになり 無事に ニィニィと 再会!
ちゃんと 覚えていてくれましたよ やっぱ ニィニィは かわいい~~~!
もちろん アカ坊を はじめ 他のコも 皆 ずぶ濡れになりながらも
元気な姿を 覗かせてくれた
それと 久しぶりに 猫おばさんとも お会いすることが 出来た
うれしいことに この墓地のコが いい方に もらわれていったそうだ
そのコは 元々 飼い猫さんで とっても 甘えん坊のかわいいコだった
なかなか いい名前が 浮かばなくって ずっと 名無しさんだっけど
今頃は 新しい飼い主さんに ステキな名前を 付けてもらったことだろう

でも 哀しい知らせもあった
風来坊のジャイアンが 旅立っていった
彼の姿は 8月17日以降 とんと 見当たらず おそらく 時を 迎えたのだと云う
もう すっかり 歯も 抜けちゃって 満足に ゴハンを 食べることも 出来なかったけど
それでも 食欲旺盛で 元気な姿を 見せてくれていた
まだ まだ 頑張れるコだと 思っていただけに ショックだった

だが 24日の日 K氏は ジャイアンに 逢っていた
猫おばさんは 不思議そうに 首を 傾げていたが
K氏は 携帯カメラで 撮影した その姿を メールで 送ってくれたのだ
それは 紛れもなく ジャイアンであり 元気そうな姿だった

もしかしたら 最後の挨拶をしに 姿を 覗かせてくれたのかもしれない…
いや もしかしたら まだ どこかに 居るのかもしれない…
また 逢えるよねぇ? ジャイアン! 今は そう 想うことにした
e0068119_19561948.jpg

[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-11 18:16 | Cat's | Trackback | Comments(3)
涙の姉妹愛?
今日は 姉様の買出しのお供で ハンズへ 行った
まんまと ハンズの販売戦略に 踊らされ うきゃうきゃと 売り場を 徘徊していると
K◎物欲レーダーが カエルさんの歯ブラシ&歯ブラシキャップに ピコン! ピコン!
歓び勇んで しかと 握り締めたものの…
K◎計理士が 無駄遣いは イカン! と 耳元で ささやいた
「そうだわ 今の自分には 贅沢だわんんんん」 ← ココロの声
カエルさん ごめんよ…  涙の別れに つまずきそうなりながら 売り場を 後にした

ところが 数十分後 茶屋で コーヒーを ススっていると じゃじゃ~ん!
ぬわ~んと 姉が あのカエルさんを ケロケロと 笑いながら 差し出すではないか!
おおぉ~~~! やさしい姉よ! かわいくって? 不憫な妹の為に ありがとう!

ちなみに コーヒー代は 450円
カエルさんの歯ブラシ&歯ブラシキャップは 税込399円
コーヒー飲むくらいなら そのぐらい 己で 買えよなぁー!>自分

でー これが そのお品物でございます~♪e0068119_17585649.jpg
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-10 01:27 | day's | Trackback | Comments(2)
間違えちゃったかしらん?
数年前から 実家で 愛用している オレンジオイル配合のなんたら洗剤…
これが なかなかの優れもので 二度拭きの手間もないし
強力なくせに 臭いも ソフトで お肌にも やさしいのである
ならば 是非 我家にも! と 思いながらも 未だ 購入するに 至っていない
なにせ 商品名を 覚えられないものだから 買うに 買えないのだ
当然 店員に 訊いても 「商品名が 解らないんじゃねぇ… 」
と 鼻で フフンと あしらわれてしまう有様である
今や この手の商品は 数種と あるらしい…

ところが つい 数時間前 ふらりと 立ち寄った薬局で 偶然にも 発見!
コレよ! コレ! コレ! まさに 棚から ボタ餅とは このことさ!
でも 本当に コレで いいんだろうか? なんか 違うような気もするし… (汗)
いやいや コレよ! コレに 違いないわさ!
と 勝手に 納得し 爪先立ちで 棚から 引き摺り下ろした
 (なんで こんな高い棚に 置くんだ?)
ご丁寧に お得な詰め替え用もあったが 容器がないのでは はじまらんと
スプレー式ボトルを 大奮発して 購入した

早速 晩飯の用意も そこそに シュッシュッシュッ! シュッシュッシュッ!
う~ん コレよ! コレ! コレ! どこも かしこも ぴかぴか キラーン!
でもさ やっぱ ボトルの形が 違う気がするんだよねぇ…
だけどさ 調子こいてる間に もう 半分以上も 使ってしまったんだよねぇ…
今更 交換なんて 出来ないよねぇ? (苦笑)

携帯カメラなので 見づらいけど 残量 解るかなぁ?e0068119_2235460.jpg
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-09 22:10 | day's | Trackback | Comments(4)
内田百閒 「ノラや」
相変わらず 朝は めっぽう弱いのだが これ以上 生活リズムを 崩してはならんと
これでも 出来るだけ 早起きを 心掛けている…  つもり… (汗)

さて そろそろ バイトでも 探そうか… と パソを 叩き起こして 検索した
う~ん 便利だ! 自宅に 居ながらにして 探せるなんて 時代は ホントに 進んでいる
だが どーも 気が乗らん…  そもそも 何をしたいのか 自分でも 解らないのである
やめた! やめた! そこで ごろ~んと 布団に 転がり込み
K氏から 借りた 「ノラや」を 読む事にした

映画の中でも 内田百閒氏の弟子たちが 先生は 我々 凡人とは 違って
ずば抜けた 感性と想像力の持ち主だと云っているように
彼は 実に 面白い人である
もっとも 映画と 小説だけで ほんの少し 見知っただけだが
なんというか 実に 自分と ウマが合う

「ノラや」の中で 彼は 帰らぬノラに 様々な想いを 馳せては 涙する
豊かな感性と 想像力で あれやこれやと 考えてしまうのだ
金無垢と 例えられる程の純粋さと 豊かな想像力に 深い共感と 興味を 覚えた
実は 自分自身 時に いらぬ想像力を 働かせる事がある
無論 彼の非ではないのが 心配の余り もの凄く グロい想像をしてしまうのだ
普段なら とても 人には云えないが ニッキなら 少しくらい ホザイてもいいだろう

その中でも 一番凄いのは 恐怖に対する想像である
例えば 高い所に 行ったとする ぞっと 血の気が引くと 同時に
転落する瞬間から 落下の一部始終に至るまでのシーンは 無論のこと
主たる者の表情から 身体の各パーツの角度や動き 音までも
鮮明且つ 詳細に 想像してしまうのだ
そればかりか 時に その背景や 事情までも 瞬時に まるで 走馬灯のように
脳裏を 駆け巡ってゆくのだ
だから 自分は 絶対に 高い所には 極力近寄らないし 絶叫系マシーンにも 乗らない
色々な事を 想像してしまい 息苦しくなるからだ

以前 とあるビルの前で そのビルから 飛び降りる像が 浮かんだ
つい その事を 口に 滑らしてしまったら 相手は その通りだと 驚いてた
他にも 幾つかあって その前に 立つと 決まって 様々な像が 脳裏に 浮かぶのだ
とある人は 何か 不思議な力があるのでは? と 云ったが 
残念ながら 自分に そんな力はない
そんな力があったら 今頃は 細木和子に 成れたかも?(笑)
おそらく 臆病だから そんな想像を してしまうのだと思う
同じ想像するなら もっと 楽しい想像が出来るようになりたいものである

のん気に あとがきを 読んでいたら 猫の唸り声が 聞こえた
玉無しフカフカが サンを 威嚇している声だ
水鉄砲を片手に そろりと カーテン越しに 覗くと (かなり 怪しい姿である)
早々と ゴマチビに 見つかり あ~ん あ~んと オヤツの催促攻撃を 受けた
内田百閒氏の奥方も 庭に ノラの喧嘩相手が やって来る度に
その相手の声を見分け どんな手仕事でもを 投げ捨てて 加勢に 飛び出したという
今まさに あたしは 奥方の気分である
って 感想になってないよなぁ… (汗)
[PR]
# by katcat2121 | 2005-09-09 16:40 | 映画・TV・本・音楽・王子 | Trackback | Comments(2)