<< 狙うは… 手作りお菓子が飛んできた! >>
 「ローラ・ローズ」
ジャクリーン・ウィルソン 著 「ローラ・ローズ」 という 作品を 読んだ
舞台は イギリス 主人公の少女は カッコイイ女の子に 憧れる
想像力豊かな女の子!
弟は 父親と サメのジョージが 大好きな甘ったれ!
母は 元モデルで やさしいけど 恋多き トラブルメーカー!
父は 元ロック歌手のハンサムだけど ヤキモチ妬きで 酒を 飲んでは 暴力を 振るう
ある日 暴力に 耐えられなくなった母は 子供たちと一緒に
スクラッチカードの当選金 1万ポンドを持って 家を飛び出す
少女は 逃亡生活の中で 「ローラ・ローズ」と 名前を変え
様々な問題を 乗り越えてゆくのだが
最後は ケンカ別れした 母の姉妹が 救世主となって 現れるのであった

まぁ ざっと こんな話なのだが はて さて どこかで 似たような話が
あったような…? なかったような…?
でも なかなか 面白かったので ヨシ! と することにしよう!
[PR]
by katcat2121 | 2005-09-17 00:45 | 映画・TV・本・音楽・etc… | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/974296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tatuotoko0406 at 2016-07-11 20:09
こんばんはー
ちなみに大阪人及び京都弁の男は意味なく殴りたくなります(^^;

遠慮を知らずにしゃべりまくる大阪人…
背中が痒くなるような喋り方の京都弁の男…
たぶん、云わぬが花 という文化がないんだろうね🎵

でも京都弁の女性は好きだから、俺も人の事は云われへんなあ(笑)
Commented by katcat2121 at 2016-07-13 10:33
>漢様~♪
アロ~ハぁ~ん♪ レスが遅れて スイマセン!
暑さを理由に サボりまくっている アタクシです!(汗)

やっぱりですか...
イヤナニ! 生まれ出る土地が 選べるワケでもし 郷土愛があるのも
すばらしきコトだとは思うのですが 高々と、他所地の悪口をいっているのを
耳にする度に ならば なぜに 東に来たのだと、思うコトがあります
自己主張するのはいいけど ほどほどにしないとね!

女性(こと細い声)の京都弁には 色を感じますやね!
殿方なら 当然の感覚だと、思いますぞ!
東京弁というのは 早くて きつく感じるから そー聞こえるのかしらん?
かわいくねぇーオンナ!!と、よく云われてしまうアタクシです
まぁ 実際に 可愛くないけどね!(わ)
<< 狙うは… 手作りお菓子が飛んできた! >>