<< 23日の話になりますが … 本日のStreet ! マルち... >>
不思議な猫力を信じる人だけが読む話!
e0068119_2321761.jpg
どんぐり亭の末っ娘 サンちゃんは ババっ子である
ちなみに 「ババ」とは母の名称である
更に補足すると、母は自分の事を「ばあちゃん」と、云う
だが サンちゃんにだけは 「ママ」と、云う よくわからんが それが母のこだわりらしい

サンちゃんの好物はハムとオカカと犬用サラミ! 勿論 ババの子なので
ババの手から食べる 座る席もババの隣! 寝るのもババと一緒!
頬にピタリと、顔をすり寄せ ババの腕枕で御快眠である
ちょっとでも動こうものなら いや~ん! めめっ … と、前脚をクイクイさせながら催促する
時々 ババは 「まるで金縛り状態よ~ん」と、云っているが
その語り草は とても うれしそうである

それに 彼女は ただ お姫様寝んねをしている訳ではない
寝つきの悪いババは 彼女と一緒に寝るようになってからは 寝つきがよくなったという
これぞ 癒し効果である
しかも 彼女は まだ 遊び足りない時でも 「ママ寝るよ~」と、ババが云えば
パタパタと、後を追ってゆき 寝かしつけるまでは じっとしている
他のコ(猫)が近づいてくると ダメ! ママが起きちゃう!と、勇ましい限り!
パタパタパタ~と、階段を駆け下りる音が聞こえたら ババが御就寝した証だ

勿論 自分が眠いときは サンちゃん 眠るぅ~と、背伸びをしながら 前脚をペチペチするし
起きるときなんぞは 起きて~んと、これまた前脚で 頬をペチペチする
極めつけは 脱衣のお手伝い! ババがセクシーパンツを脱ぐときは
決まって 彼女が爪を引っ掛けて 脱がしてくれるのだ
彼女の可愛い仕草は ババでなくても 夢中になってしまう



実は ここ数日 母が床に就いている
血圧が上がりっぱなしで 熱があるのに 顔色は真っ青だと、云う
無論 食欲はなく 眩暈や吐き気で 起きる事もままならず
その上 元々悪い足まで悪化して 攣ったり、しびれたり、疼くのだそうだ
掛かり付けの医者が入院を勧めたが 母は変な所で気丈な人なので
看護婦さんたちに いらぬ気遣いをして(過去にも経験有り)
逆に休まらないだろう … と、のことから 自宅で静養し 往診してもらうことにした

また 自分が駆けつければ  きっと 母のことだから 
「せっかく来たんだから どこかに連れて行かなくちゃ … 」
「美味しいもの食べさせなくちゃ … 」って、無理するのは眼に見えているので
姉と相談した結果 しばらく様子を見ることにした

姉の話によると、サンちゃんは 母の傍から 片時も離れないそうだ
驚いたことに 他のコが母のベットに近づくだけで シャーと、追い払ってしまう
これまで彼女は 一度だって 家族(猫)に向かって シャーすることなんてなかった
きっと 母のことを守っているのだろう

そんな彼女を 今日の午後 姉が動物病院に連れて行った
後脚だけが痙攣し おまけに 40度近い熱まであるそうだ
虚ろ気な母は まだ そのことに気付いておらず 当然 内緒である
そっと 母から引き離し 猫乳母車に乗せ バスで病院へと向かった

診察の結果 後足には外傷は見られず 骨折や打撲、筋違いではないそうだが
触ろうとするだけで シャーをする
熱は 座薬のおかげで下がりつつあるものの 原因は不明 …
更に詳しい検査をしないことには わからないという
勿論 母からの感染ではないそうだ

だが 不思議な猫力は そこに存在する
夕方になって 自力で起き上がることさえ出来なかった母が
「お腹が空いた … 」と、居間へと降りてきた 熱も下がり 足も疼かないそうだ

あたしたちは 携帯メールで連絡を取り合いながら 同じ事を感じていた
猫の恩返し …  そう サンちゃんだ! きっと サンちゃんが母の病を吸い取り
苦しみを拭ってくれたに違いないと、思った
[PR]
by katcat2121 | 2006-09-21 23:59 | Cat's | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/4190581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねこまんま at 2006-09-22 00:50 x
グリーンマイル、ですね。
宝くじのほうも、お願いできないかしら?・・と、聞いてみてはどうでしょう。
うちの猫も、若い頃は一緒に寝ていたのですが、あるとき、わたしが寝返りをうって押しつぶしそうになったそうです。寝ていたのでホントのところは、わかりませんが。それ以来、いっしょに寝ることはなくなりました。
ごく寒い冬の間だけ、足下に来て寝ます。
よっぽど、怖かったのでしょう。
恩返しは、ないものと心得ます。
Commented by なつばら at 2006-09-22 01:36 x
不思議な話は時折耳にするけど、こんな身近でそんな事があるなんてねぇ。
すごいなぁ。
K◎家は、みんな猫とのつながりがちょっと他とは違う様な気がする。
絶対なんかあるんだわ。前世とか精神世界でつながってそうな・・・。
あ、でも、サンちゃんは大丈夫だよね?状態は落ち着いてきてる?
お母様もサンちゃんも早く元気になってほしいね。

それにしても、どんなに遊んでても、寝る時はパタッとやめて一緒に寝床に来る猫さんっているよね。
私にとっては羨ましい関係なのだわ〜(o^-^o)
Commented by いけみ at 2006-09-22 04:31 x
お母様の症状も落ち着いて良かったですね。
サンちゃんにはそういう力があるんだよ、きっと。
私も猫には不思議な力があると信じてます。
なんか、うちでは
猫が増えた数と比例して、金持ちになっていく
気がする‥、にゃはははー!
ち、ちょっと違う?(^_^;
Commented by なつばら at 2006-09-22 12:58 x
お!それはすごいではありませんか!
いいなぁ、いけみ邸のにゃん達は招き猫なんだ〜。
んじゃあ、迷わずじゃんじゃん保護できますねっ(笑)
Commented by K◎ at 2006-09-22 13:16 x
>猫の不思議な力
みなさん 本当にありがとうございます
今のところ 連絡がないので ふたりは落ち着いているって事だと思います

母の病は 今に はじまったことではないのですが
ついこの間も あと1歩で心筋梗塞になっていたと、云われるし
歳も歳なんで 心配になります
ふたりには 何としてでも元気になってもらわないと 今度は姉が …
彼女も先月に入院したばかりだし みんなして 寝込んじゃったら
あたしが困りますもん!←非情な娘
Commented by K◎ at 2006-09-22 13:35 x
>猫の不思議な力(2)
前世とか精神世界とかの繋がりって よくわからないけど アリだと思うし
少なくとも ウチが犬や猫と不思議な因果関係があるのは確かだと思う
以前 何かの機に ご先祖様を調べてみたら 父方の祖先は代々医者だった
そんでもって 母方の祖先は武士であるが 祖父が医者であり 獣医であり
動物とは深い関係があった
で、ある事が起きて いわゆる神頼みをした時 母が占ってもらったら
気になる事があったら云えと、云うので ウチは何かあると
決まって動物が犠牲になって助けてくれると、話したそうだ
占い師曰く 父方の祖先が 怪我を負った犬を助けたそうだ
だが 時はお犬様時代で ご先祖様が犬を傷つけたと、勘違いして
無実の罪で罰せられたそうだ それからは 常に犬や猫と縁があって
何かある度に 彼らが恩返してくれているとか …
占い師を信じるかどうかは別として その話しはアリだと思う
Commented by K at 2006-09-22 14:10 x
>猫の不思議な力(3)
自分は 事なかれ主義のいいところどり日本人的無宗教であはあるが
仏の説には 実に人間的都合のよい すばらしい話がありまして
ある教えの一説に 動物は 前世に罪を犯した者たちの生まれ変わりであり
罪を償う事で 来世は再び人間として生まれ変わる事が出来るそうな
早い話 人の役に立ったり 人の犠牲になる事で罪は軽減される
実に勝手ではあるが それもアリだと思う
そこに 創造的自論を付け加えるならば 彼らは罪を償う為に
最初から試練を課せられているが 唯一 罪を償う場所を選ぶ事が出来る
順番を待ちながら オレはここ!って感じである
但し 人間界に近い方が有利である
サバンナを選んだ者は 人間の犠牲になる事もあるが
食物連鎖や間接的に生涯を閉じる者はポイントが達成するまで
繰り返さなくてはならないのである
で、人は時に 運命を感じる事あるが それは出逢うべくしての出逢いである
彼らは我々を選んで この世に現れた
我々の癒しや様々な形での犠牲となって罪を償い 我々は彼らを愛する事で
償いのお手伝いをする そこに 不思議な精神世界の繋がりがあるのではと、考えてみた
Commented by K◎ at 2006-09-22 14:33 x
>猫の不思議な力(4)
クドイようだが ついでなので自己宗教観について考えてみた
一般的に主教・精神世界はタブーとされがちだが 個人的にはアリだと思う
但し 自分は宗教家ではないのであしからず

日本人でよかったと、唯一思えるのが 無宗教であることだ
どんな宗教も受け入れ いいとこどりする 事なかれ主義の曖昧な価値観がスキである
世の中には 色々な宗教があるが どんな宗教だって素晴らしいし
学ぶべき点はあるし 信仰する事の大切さや また その逆に愚かさも
自分なりに理解しているつもりだ
但し 神様は全能ではなく また 人は神になってもいけない
人に命令するのは本当の神ではないと、云うのが あたしの自論である
神や仏は 天に君臨しているわけではないと思う
神や仏は そこらかしこに宿っていて どこに居ても 何をしていても
念ずれば そこが神と仏の居る場所だ
なぜならば 誰もの心の中に宿っているからで
生きること自体が修行であり 悟りや信仰ではないかと、思う
Commented by ねこまんま at 2006-09-22 23:39 x
ならば、さっそく修行じゃ!
窓を開き、ベランダにカツブシを撒くべし。
入るを拒まず、出を許すなり。
ご近所の苦情には、耳を塞ぐべし。
もって、汝の至福となる。心せよ。
Commented by なつばら at 2006-09-23 00:34 x
何かあるとは思っていたけど、K◎家にはそんな言い伝えがあるなんてねえ。
世の中には不思議な事が色々あるけれど、そんな風に動物と関わり合いを持ててるって素敵な一家だよねぇ。
K◎家の方々が、犬猫達といつも心を通い合わせているのは自然な事だったんだね。
なんか納得(o^-^o)
関係ないけど、私も松原さんちに来て、ほとんど全くなかったといえるほどの猫との縁が異常にこくなったのは少しは関係あるかもー、なーんて思っちゃった。
んー・・・それにしても書き込んでる最中、マルちゃんが私の事をじっと見てるのよ。
んー?なにー?そんな目で見たらにやけちゃうじゃないよー。
・・・なんだか話しかけたくなる衝動にかられました(苦笑)
Commented by なこ at 2006-09-23 16:30 x
ほんと、猫版グリーンマイルですね。
なんか、なんの違和感もなく、
「そうなんだ。サンちゃん、えらかったね」
と思ってしまうのは「猫力」を普通に信じている証拠でしょうか。w
お母様もサンちゃんも元気になってほしいですね。

>神や仏は そこらかしこに宿っていて どこに居て・・・
万物に神が宿るとするのは日本古来からの宗教観。
霊(たま)が宿っているとして、全てのものを無駄にしない心は、大切。
と、思ったりするのです。
といいながら、冷蔵庫で干からびていくキャベツ・・・すまぬ。^^;
Commented by K◎ at 2006-09-24 01:23 x
>おっ ダブル「な」 ですねぇ!

>なつばらさん ありがとう
信じる信じないは別として ウチは 本当に不思議なことが多いです
まぁ 偶然と、云えなくもないけど 自分達の都合の良い解釈の方が
幸せですもんねぇ!(笑)

マルちゃん … はい この視線に負けて つい オヤツをあげちゃいます

>なこさん ど~も ど~も!
ぎっく! 今ねぇ カビちゃったお米があって どうしようかと思っていたところ
捨てるには忍びないし でも どうしたらいいんだ?
干したら平気だと思う? あたふた あたふた~~~!(汗)
<< 23日の話になりますが … 本日のStreet ! マルち... >>