<< 眠い … 早起きした訳 本日のStreet >>
懐かしい人からの便り
昨日 古い知人から便りが届いた 便りと、云っても 筆ではなくメールではあるが
形が変わっても便りには変わらないと、思っている
その知人は 穴掘って葬りたい程に オバカだった中学生時代に
ほぼ毎日のように顔を出していた ある花の名の店の常連さんだ
ジルバのとても上手い人で ちょっぴり キザな感じの人だった

時の流れと共 それぞれが それぞれの道を歩み出してゆく
自分も 海外に出る事で 一時的に道が開けたようにも思われたが
それは 単なるお遊びに過ぎず 気か付いたら 居場所さえもなくなっていたよ

その後 その人とは 殆ど逢うこともなかった
一度 西麻布に居たとき 偶然 バス停で逢ったぐらいで
あとは また 偶然にも 新宿2丁目で すれ違ったぐらいだった
でも 年賀状をくれたり パソをはじめてからは 時々 メールをくれる
結婚もして かわいい子供も出来て しっかりと 地に着いた生活を送っているようだ

自分で云うのもヘンだけど あたしの人生は ホントにネタの山だ
でも それは 社会的にはゴミの山に等しいものだ
おちこぼれ …  まぁ そんなところだろう

忘れた頃 「元気かい?」と、便りが届く 
こんな自分を気にかけてくれる人がいるということは 本当にうれしいことだ
[PR]
by katcat2121 | 2006-07-21 15:37 | 喜怒哀楽 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/3851858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねこまんま at 2006-07-22 00:31 x
「ゴミの山」「おちこぼれ」・・・だなんて、それはいいすぎだワ。
ちゃんと、しっかり生きてるじゃないでかァ。
ぜんぜん、恥ずかしくないですゥ。
いったいどうしたというんだ?やれ貧乏人扱いされただの、それおちこぼれだのと・・・。マッタク,ブツブツ・・・・。しっかりしんしゃい!
まあ、ネタが山のようにあるのは、うれしいよね。
それと、結婚して、可愛い子供がいるから、幸せだとはかぎらないぞ。
いろんな意味でネ。
妻も子もいない、おっちゃんは、フツーにしあわせです。
Commented by ねこまんま at 2006-07-22 01:03 x
追伸
ハウルを見ました。
いまいちストーリーに、納得がいきません。説明が必要ですな。
Commented by K◎ at 2006-07-22 12:36 x
>ゴミ山の落ちこぼれだよ~ん

>ねこまんまのおっちゃん
自分的には オバカなので 余り気にしていませんのよ
今更 過去を悔やんでも 遅いのだ~~!
でも 時々振り返っては いや~ん 恥ずかしいと ひとりで赤面しています
それでも やっぱ それなりに歩んでいれば 恩恵や利点もあるのに
社会のシステムから外れると云うことは リスクやデメリットが
多いのぉ~と、感動しています

結婚が すべてとは思っていません
結婚って 本人同士の気持ち次第なんて云うのは 甘いと思っています
双方の親や親戚など わずらわしいシガラミがあるわけで
背負う荷物が増える分 互いの荷物の中身も考えてくれる同士でないとねぇ!
ちなみに あたしは 子供自分が おこちゃまだから 子供が苦手です

はうる
あれは だいぶカットされているねぇ… たしかに わかりずらいが
宮崎わーるどを 限られた時間で表現するのはムリなのかもねぇ!
時代設定とか背景は 想像におまかせ!
頭で考えずに見てから 後でじわじわと考えるタイプなのかもねぇ!

えんど ハウルの声がキムタクって はじめて知った

<< 眠い … 早起きした訳 本日のStreet >>