<< 永遠の不良オヤジに乾杯! 熱い一日! >>
今日は少し真面目に …
つい先日 国会で「石綿新法」が可決された
が、その内容は まことにお粗末で 国は 「早急な対策」と、云うけれど
それは 「とりあえず形をつくりました」と、いう感じで
結局は 被害者が騒ぎ出す前に 押さえ込んでしまおうとうする策にも取れる

「新法」では これまで 労災が適応されなかった被害者を補償すると、うたっているが
「中皮腫・肺がん」と、診断された被害者のみが補償の対象である
しかも 早く手続きをしないと 補償が遅れるというのだ
だが 診断される前に 発病する前に亡くなった人は どうなるのだろうか?
被害者の中には 自分がアスベストに関わっていたとは気付かない人もいるし
設備の整っていない病院やアスベストに関する知識や意識の薄い医師も多く
正確な診断を受けていない人もいるのだ
これでは すべての被害者は救済されないだろう

現に うちの父は 長年 アスベストに携わってきた
病に倒れ 長いこと苦しんだにもかかわらず
家族も医師も 本人でさえ アスベストの「ア」の字も知らず
大病を患った延長線での病状だと思い込み ちゃんとした検査さえしないまま他界した
もっとも 父が他界してから 世間でアスベストが問題になったのだから 運が悪い
晩年の父の病状は 「中皮腫・肺がん」と、よばれる症状に よく似ている
もっと早くに 知っていれば きちんとした検査と治療を受け
少しでも 苦しみは取り除いてあげれたかもしれないと、思うと 悔やまれる
ゆえに 父のように 「中皮腫・肺がん」と診断されていない場合は対象とはならないが
被害に遭った可能性は十分にあるわけで アスベストに携わってきた証拠もあるだけに
口惜しくてならない

また 「新法」には落とし穴もある ようするに 「中皮腫・肺がん」と診断が下されれば
補償の対象となるわけだから 直接 アスベストに携わっていなくとも いいわけで
もちろん 工場周辺の住民や二次被害者を補償すべきうえでは ありがたい法案だが
アスベスト建材が頻繁に使われていた建物で 学んだり 勤務していた証拠さえ取れれば
認められてしまうということである
ならば 直接 アスベスト建材に触れてきた父は 肺がんどころか 何十回と死んだって
おかしくはないわけで 国は不作為を認めて アスベストに携わってきた人たちのことを
視野に入れ もっと広く慎重に考えるべきだと思う
ちなみに 父の場合は 「新法」をもってでも 個人で訴訟するしか方法はないそうである
でも 誰を相手に 訴訟をするんだい?
行政は 会社を相手に 訴訟しろとおっしゃるが 新建材を父に託した石綿協会かい? 
自営業で ひとり親方として 多くのゼネコン相手に 現場を渡り歩いてきた父ゆえに
全部の会社、企業を相手に訴訟するには 莫大な費用が掛かりすぎて 出来るわけがない
そもそも 危険を認識しておきながら 「安全な建材」として 許可を出した国の責任は
ないのだろうか? 補償の問題じゃないんだ 父の職人としてのプライドの問題なんだ
今の世は 国だけが作ったんじゃない 立派な建物だって 建築家や企業だけが
作ったんじゃない
父のように 汗と泥にまみれ 鼻水たらして 現場を這いずり回ってくれる人たちがいるからこそ出来たんだ
頂点に立つ者は それらピラミットを支える人たちにも 眼を向けるべきであると思う
[PR]
by katcat2121 | 2006-03-22 23:59 | day's | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/3047881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねこまんま at 2006-03-23 00:52 x
おっちゃんも、アスベスト扱ったことあるよ。ふつうパッキンというと、ゴム製だけど、高温になるところには熱に強いアスベストが使われるんだ。その交換作業をしたことがある。ひょっとすると、かっちゃんのお父さんみたいになるかもしれんなァ。わからないけど。
国はかなり前から、アスベストの危険性を知っていたと言うじゃないか。代替品がないから、製造を黙認していました、だと?
ふざけるな、と言いたい。人の命を消耗品のように扱っているな。
中皮腫もしくはその疑いのある、すべてのひとが救済されるべきだとおもう。
国は過失を認め、謝罪すべきです。
金で被害者の口を塞いで、責任逃れをしようという、魂胆が見え見えですわい。
Commented by K◎ at 2006-03-23 11:27 x
>10年後は大変さ!

>ねこまんまさん
アスベストは 何十年も経ってから こんにちは~と、カオを出すそうな
胸の痛み、咳、息切れの症状が出たら すぐ まともな病院で検査よ
ただ 問題なのが すべての医師が レントゲンを正しく読めるかなんだってさ
ただの喘息よ~ん 気胸よ~んで おわってしまうこともあるんだとか!
しかも 今 30代40代の人は 学校、施設など アスベストむき出しの建物で
勉強してたりするわけで 今後は もっと被害者が増えるだろうねぇ
ただでさえ赤字の日本 言葉は悪いけど 早く死んだものがちなのかもねぇ!
もっとも 我々は便利で豊かな生活を送るために 日々なにかを犠牲にしている訳で
そろそろ ツケが周ってきたのかもねぇ! 益々 イヤな世の中になりそうです
<< 永遠の不良オヤジに乾杯! 熱い一日! >>