<< #巨大玉葱星人現る!? #カルビー@ハーベスト スナッ... >>
#バリ・華花の舞う島!(長いゾ!)
e0068119_13581387.jpg
写真家:氏の写真集より

ハイハイ! どーも! Everybody! ちょいと、思ひ出話に お耳(眼)を拝借!
で、オツムの中が お花畑でいっぱいだった チビK◎時代(小3)
授業をサボって潜んでいた 薄暗い図書室の棚から 何気に手にした 1冊の書籍!

タイトルはコモドオオトカゲ... だったかな?

なンでも 太古の恐竜の如し 巨大なトカゲが ノシノシと、闊歩する 夢のような島が
 インドネシアなる 南国にあると知り The 興奮! ε=(゚∀゚*)053.gif

もっとも 当時のアタクシには インドネシアインドの違いすら 分からなンだが(失礼... )
大人になって 美人セレブになったら....
イクウゥゥ (p゚∀゚q) ゥゥウウウ
と、真っ平らに胸に 誓ったものだった!

以下、活字地獄が ダラダラと、続くんで 要覚悟! (-"-;) ヒクヒク!

(内容は 訪問時の情報、妄想&一個人の感想・意見・にわか知識であり 実際とは異なる場合があるハズなんで あしからず!)
(文字の下部に点線 or 青文字の場合は クリックすると、別窓で 関連記事 or サイトに 飛ぶよ~ん♪ ウザいけど!




でで、念願のインドネシアの地を踏んだのは... 18歳... だっと、記憶の断片!
あら 僅か1年前のコトじゃなの~♪ by 永遠の19歳なアタクシ!ヾ(▼ヘ▼;) オイコラ!
当然のコトながら 時を経ても 賢い美人のセレブに成長するコトはなく
生まれ持つ資質&努力が必須なる 驚愕の事実に お花畑が 荒野になったコトは 云うまでもない!
しかーも! インドネシアは インドネシアでも オオトカゲが闊歩する コモド島...
Non! バリ島っすヨ! 奥サ~ン! w(゚⊿゚;)w ヘェ?

イヤナニ! 当時、姉君は 人生の岐路というか ぐるぐる迷い道!
全財産を持って 友人とタイに渡り そこから 単身、インドネシア・バリ島へと流れ着き
安宿で知合った旅行者たちと共に 島を巡っているうちに...
どんぐりころころ どんぶりこぉ~♪
お池(バリ島)に ハマって さぁー大変~♪ by 青木 存義 風!

ででで、持ち金が底を突き 一旦帰国するも 半年も経たずに... !≡≡≡ヘ(*--)ノ
超イイ~ッ♪ ココに棲む~♪と、あまりにも のたまうもンで...
何でもみてやろう by 小田実! 
と、いうワケで 彼女の尻を追い 香港での怪しいバイトを終えたその足で 向かった次第!
ちゅーか! この前置き 必要なん? ゛(6 ̄  ̄) ポリポリ!

で、×4 乗込んだのは GAガルーダ・インドネシア航空(インネシアの国営航空会社)!
ちゅーか! 当時は 選択肢が少ない上に まだ 世間一般は アナログ真っ只中!
赤丸だらけのエイビーロード(旅行情報誌)を片手に 渋谷@道玄坂の雑居ビルの一室に構える
怪しげな旅行会社で 格安航空券を手配してもらったが それでも 7万円前後だったと、記憶!
勿論 eチケット(電子航空券)なンざ まだ 登場しておらず 旅程毎に綴りになった日捲り式で
紛失したらアウト! 滞在中の管理も大変だったし リンコンファームも必須だったが
切り離される毎に うっしゃ~搭乗するどぉーと、実感が湧き ワクワクしたものだ! v(≧∇≦)v

で、×5 閑散期(6月)だったせいか... 搭乗機は ガラガラ
GAの座席配列は 3-3-3! 乗客の殆どが 3席 or 横1列を独占状態である! ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ!
が、なぜか アタクシの隣には そこそこお年頃の邦人男性が... ゛(6 ̄  ̄;) (-"-;) ヒクヒク!
ボーディングパスに記載された座席番号に間違いはなく... なンの嫌がらせなのか? GAさん!

結局、その邦人男性は 気を遣ってか?(アタクシからの重圧に絶えられずに 逃げたともいう)
安定飛行に入ると 通路を挟んだ隣の席に移動し 2~3言葉を交わすも
経由地のジャカルタまで 眼を覚ますコトはなかったが それは それで イラっと、したものだ!
イヤナニ! 自分、乗物の中では 殆ど寝付けないもので! (-ρ-)...zzZ (-"-;) ヒクヒクヒク

あ、そうそう この時 赤道超え記念に ステッカーが配られたんだよね!
その後 何度か渡っているうちに 感動も薄れてしまったけど うれしかったなぁ~♪
1枚だけ スクラップしていたはずなのだけど... どこに仕舞ったンだっけかなぁ... (°ρ°) ボーッ!

で、バリ島DPS(デンパサール)ングラ・ライ国際空港に 無事到着!
現在の姿からは 想像もつかない程 素朴な空港で 今も 窮屈そうに残る割れ門が 印象的だった!
出迎えは 姉君と宿のスタッフ@、そして 便乗現地入りしてた 共通の友人!
薄黒い顔の怪しげな3人組を前に 早くも 物売りの洗礼か... と、身構えたわヨ!  щ(-ε-щ) カモーン!

でで、記念すべき バリ島初滞在地は レギャン(Legian)!
島内一の繁華街@クタ(Kuta)の北隣に位置する村で 両村とも 元々は小さな漁村であるも
1960年代に オーストラリア人サーファーが集まるようになったコトで発展したそうだが
当時は まだ ビーチ沿いに 某デスコもどきが今は悪名高きデスコらしい... ) 1件あるだけで
点在する広い空き地に 野良ワンコが闊歩する 長閑な光景! ワン ヾ(*・ェ・)(´I`*))ノ゙ ワン!
でも 不思議と はじめて踏む土地とは思えず どこか懐かしさを覚えたような...

ででで、トラックの荷台にしがみ付き ドナドナを気分を味わうコト! 約15分!
到着した宿は 中国系インドネシア人が経営する 13名MAX(朝食・シャワー付)/$10程の安宿で
ビーチへのアクセスも 決して良いとは云えず ジャワ人の学生グループが 部屋に入り切れずに
ゴロゴロと、床に寝ているような宿ではあったが 邦人パッカーには 人気の安宿らしく...
教授、サファー、恋愛体質、風来坊、世界1周に挑む大学生、幅を利かせるお節介な沈没型パッカー...
兎に角 個性派揃いで 初対面だというのに 誰もが ノソノソと、部屋から顔を出して迎えてくれた!
(-(エ)-)ノ ( ゚3゚)ノ (≧∇≦)ノ ( 'Θ')ノ (・o・)ノ ( ̄^ ̄)ノウィース! オォー!! w(゚0゚*)w

で、×4 夜になると 誰となく 酒瓶やツマミを持ち寄り 情報交換に 花が咲く!
大抵、情報通というものは 跳び蹴りしたくなるほど 鼻持ちならない輩だったりするワケで...
普段なら 知り合うコトもなければ 互いに言葉すら 交わすコトもないであろう相手なだけに
実に 不思議で 興味深い コミュケーション体験だったと、思う
これも 誰もが生きた情報に飢えていた時代だったからこその成せる不思議あるあるか?
もっとも 先人らの苦労に比べたら 地球の迷い方地球の歩き方ともいう)
存在していただけでも 恵まれているけどね! ( ̄∇ ̄;)ゞ エヘヘ!

が、勿論 オノレが経てきたアナログ時代の経験が 最高だったとは思っていない!
もしも 当時、PCスマホがあれば 時間も経費も大幅に節約出来たし 可能性も広がったワケで...
無駄に人様と絡む必要もなければ 我慢も苦労もしなくて済むワケで...
しかーも デジタル化が当たり前の昨今! 今回の逃避行では アナログ旅の限界を痛感したワケで...
永遠の19歳とはいえ アナログ世代のローテク非セレブとしては 羨ましい限り!

がが、旅のスタイルが進化し どんなに便利で イージーになろうとも
結局、最後は オノレの想像力、判断力、直感が 旅を左右するのだと、思う(強がりともいう)

ん? なンの話だったけか?  ゛(6 ̄  ̄) ポリポリ!


e0068119_15494147.jpg

ウチの玄関の番人は ススォナン@魔女ランダ(Rangda)!

で、初バリ島滞在2週間目頃だった... かな? と、記憶の断片!
ある日 昼飯徘徊の途中で 往路の搭乗機で隣になった 邦人男性と ばったり!
しかーも! 姉君とは 既に承知の間柄だというのだから...
びっくりさ 2倍! 2倍! by 髙見山関! ヒサシブリ~!((* ̄∀)乂(∀≦*)) w(゚⊿゚;)w ヘェ?

なンでも その邦人男性は 長年バリ島を撮り続けている写真家で現在もインドネシア各地を放浪中!)
レギャン(Legian)の安宿も 彼の定宿の1つで 初渡時には 大変お世話になったそうで...
偶然の三角関係が変な意味ではありません!) フツーに起きるのだから 旅って 面白いやね!
(*ΦωΦ)(*ΦωΦ)ノ ウィース!  Σ(゚ロ゚;) エェーーッ!? 姉妹なン!?

でで、帰国後 暫くしてから 彼の写真展が 新宿某所で開催され The 突入!
ただ それだけのコトなのに 数日後には 写真集いた! オォー!! w(゚0゚*)w 太っ腹!

ででで、その後 プチ・ハマりした自分は 何度か 渡バリを繰り返すも
突然の谷底に この島の本当の良さも 悪さも 分からないまま 渡るコトはなくなってしまった
絵描きを目指し 移住を考えていた 姉君も 自分の巻き沿えになり... 断念! 人(-ω-;) スマヌ!

で、×4 現在、再び この地に お邪魔させて頂いているワケだが...
その間 何度か引越しするも なぜか ずーっと、玄関で番人をしてくれていたのが(インテリアともいう)
邦人男性@写真家:F写真集である!
特に 意識していたワケではないのだが... やっぱ があるのかしらん? バリ島に!

と、これを云うだけの為に この活字地獄って... すまなンだ! すまなンだ!
イヤナニ! 色々思い出しては 懐かしくなったもんで! お年頃なンすかね?
因みに ちびK◎時代に夢見た コモド島上陸は 未だに実現していません! ( ̄∇ ̄;)ゞ エヘヘ!


で、Malaysia ランカウイ島 & Indonesia Bali 東部-霜月 2015!
やっとこさ The 完結! マジで 時間掛かり過ぎじゃねぇ? ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ!
まぁ 最後まで 期待を裏切らないグダグダ感なンで... 時間を無駄にしたく方は 華麗にスルーよ!

http://katcat.exblog.jp/ ← 旅録:「blog-a Day a Say!」- 逃避行録総合目次!
http://katcat.exblog.jp/23960978/ ←「Malaysia ランカウイ島 & Indonesia Bali 東部-2015」- 目次!
http://katcat.exblog.jp/24700658/←「#25-26:帰国への長い道のり-其の2」← 直接Go!


裏イイネにポチッとしてくれて ありがとう! 足跡 残してくれて ありがとう!
現在、イイネ&コメント欄は閉じてますが 何がありましたら テケトーな開放欄から 気軽に プリーズね!
もう暫く 不義理が続くかと、思われます... すまなンだ! すまなンだ!
m(;_ _;)m 


[PR]
by katcat2121 | 2016-10-05 16:35 | 旅食・旅猫・旅ノ一葉! | Trackback
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/24700674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< #巨大玉葱星人現る!? #カルビー@ハーベスト スナッ... >>