<< #03-塩竈編/01 海鮮祭り... #02-松島編/03 海鮮祭り... >>
#映画「レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち」
e0068119_10004971.jpg
携帯画像につき お見苦しくて ご免なさいましよ! えっ! いつもと、変わらんってか?(汗)


ハイハイ! どーも! 昨日、久しぶりに 映画観賞なンぞ! 何年ぶりだろう... 映画館! (Θ_Θ;) ウーン...
で、ドキドキ ワクワクしながら 鑑賞してきたのは...
レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち」!
内容は 60年代~70年代に掛けての黄金期のヒット曲を手掛けた セッション・ミュージシャン集団!
スタジオ・ミュージシャンと、いった方が 伝わりやすいかしらん?
通称The Wrecking Crewにスポットを当てた 長編ドキュメンタリー映画で...
監督を務めたのは 伝説のギタリストトミー・テデスコの息子! デニー・テデスコ!
父:トミーが肺ガンと診断され 彼らのコトを映像に残すべく カメラを手にしたコトが きっかけだとか!
しかーし! その道のりは厳しく 本編に使用された130曲に及ぶ楽曲の権利をクリアし
劇場公開するに至るまでには 撮影から 実に18年もの歳月が費やされるコトになったという
そりゃそーだ! 金銭的な問題も去ることながら ホイホイと、公開されたら 悲鳴が轟くワケで... 
よくぞ タブーを破ったものだと、拍手喝采! Standing ovation! ヾ(≧▽≦)ノ

つまり... 誰もが 1度は耳にしたコトがあるであろう 歴史的な名曲の数々は
必ずしも メガヒットを飛ばした本人たちが 創造&演奏しているとは限らないワケで...
脚光を浴びることも無ければ 勿論、その名をレコードにクレジットされることもなく
生活の為に ただ ひたすら 影武者に身を投じ続けた 音楽屋集団の話なワケで...
殆どが ジャズ畑出身という 彼らの意識の高さと 確かなる技術に 驚かされるだけではなく
彼らが手掛けた 膨大な伝説曲群を知ったら...
ぶったまげるコトであろう! ヒョェーー!! └(ΦдΦlll)┘マジっすか?

勿論 これは 米国に限った話ではなく 日本でも ゴロゴロある話で...?
個人的には 実に興味深く レッキング (Wrecking) =「破壊」 or「落ちぶれた」 なる意味に
彼らの生き様を垣間見ては 唸ってしまったゎ! ウオォー w(゚ロ゚;)w ウオォー!!

ちなみに この映画! 大作ながらも 僅か2週間限定(2016/02/20~03/04)の
モーニングレイトショーであったが 好評につき 続映決定となり イソイソと、伺った次第なワケで...
新宿シネマカリテ」... 小ぶりの映画館だけど 思っていたよりも 音も悪くはなかったし...
興味のある方は ギリギリ 間に合うので... ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ

■新宿シネマカリテ ~03/25(金):http://qualite.musashino-k.jp/now.php
■渋谷アップリンク 03/26(土)~04/08(金):http://www.uplink.co.jp/movie/
■レッキング・クルー公式サイト:http://wreckingcrewjapan.com/

ちなみに×2 映画館に足を運ぶ時間の無い方には P-Vine Booksから 書籍も出てるよ~ん♪
レッキング・クルーのいい仕事著:ケント・ハートマン / 訳:加瀬俊!

ちなみに×3 このネタ元は 大好きな鈴木 茂 氏だよ~ん♪ ウヒャ!
■鈴木 茂 公式サイト:http://suzuki-shigeru.jimdo.com/

(コメント欄は閉じてますが 業務連絡等、何がありましたら テケトーな開放欄から 気軽に プリーズね!)
(※投稿時 トリプル投稿される 謎の現象が起きました! なぜなぜ? ご迷惑をお掛けして すまなンだ! すまなンだ!


[PR]
by katcat2121 | 2016-03-24 13:36 | 映画・TV・本・音楽・etc… | Trackback
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/24246141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< #03-塩竈編/01 海鮮祭り... #02-松島編/03 海鮮祭り... >>