<< #Death anniver... #盂蘭盆会&13回忌! >>
#山谷@カフェ・バッハ+矢吹くん&上野@山家!
e0068119_14232440.jpge0068119_14233963.jpg
ジメジメと、どえらく暑い日が続いていますが 珈琲豆を求め 命懸けの徘徊をしてきました
イヤナニ! この日は マジで 激暑だったんっすヨ!
まずは 都電荒川線に乗込み 三ノ輪橋(南千住)を目指す!
電車は苦手だが チンチン電車(路面電車)は 好きなのよねん♪ ..((((*ФωФ)ノ ゴーゴー♪

e0068119_22474823.jpge0068119_22475222.jpge0068119_22475697.jpg
現在 都内を走っているチンチン電車(路面電車)は 早稲田三ノ輪橋を突っ走る 都電荒川線のみで
4つの区(新宿区、豊島区、北区、荒川区)を跨ぎ 全長12kmの区間を約50分で運行している
都市開発が進み その車窓は 大きく変わりつつあるも やはり イイものである! d(≧ω≦*)




e0068119_14503430.jpge0068119_14503807.jpg
終点・三ノ輪橋(南千住)に到着し 浄閑寺(ジョウカンジ)さんに ご挨拶!
ココは 別名:「投げ込み寺」といわれ 吉原遊郭の遊女の亡骸を投げ込んだ寺として知られており
荷風じー(永井荷風)も 度々訪れては この地に自らの墓を望んだともいわれている

e0068119_15511325.jpg
で、嘗ての遊郭・吉原を左手に 土手通りを進むこと 数分! 
じんわりと、汗が パンツに滲む頃 立つんだ像(ジョー)」と、ご対面!
矢吹くん!! こ、こんなところで… 日射病になるわヨ!! by 白木葉子風

この山谷地区は "日本のスラム" "ドヤ街"と呼ばれ 人足寄場(日雇い労働者の街)として知られる他
昭和漫画の傑作:あしたのジョーの舞台でもあり 主人公:矢吹丈を模したモニュメントは
原作:高森朝雄(梶原一騎)作画:ちばてつや 1967~73年「週刊少年マガジン」連載のボクシング漫画)
台東区のいろは会商店街振興組合さんが 街の再生を賭けたシンボルとして建てたものだそうで
便乗ながらも イイところに 眼を付けたじゃんと、思う
読みなさいよ! 観なさいよ! あしたのジョー」!
何でもオブラートに包み込むよりも よっぽど 骨太なニンゲンになるはず! o( ̄∀ ̄)oウツベシ! ウツベシ!

e0068119_16560169.jpge0068119_16560698.jpg
簿妙に 似てないも トレードマークである 頬の絆創膏も 見事に再現されている
が、髪型に 苦戦が窺える やはり 3Dの再現には 無理があるようっすネ! w(゚ー゚;)w

e0068119_17030596.jpge0068119_17030844.jpg
西日の強い 閑散とした商店街もあしたのジョーで溢れている
(左):「おっちゃん」こと 丹下段平 氏は やはり 酒屋に 入り浸っているようだ
(右):「ジョーのグローブパン」が 旨いらしい!(試してません)

組合の活動は 勿論のこと 近年は 外国人旅行者向けの安宿が増え 嘗てのドヤも姿を変えつつあるが
それでも 行き場のない人たちが 最後に辿り着く場所であることに変わりはなく
昼間から 路上で酒瓶を傾ける者や まるで行き倒れの死体のように 寝ている者も少なくはなく
その傍で ガマ蛙と、ひとり興じる子供の姿が なんとも シュールであった

e0068119_17502027.jpge0068119_17502972.jpg
そんなニンゲン臭い街の一角に 自家焙煎珈琲店のカフェ・バッハがある
創業は 1968年! 表参道の大坊(現閉店)、銀座のランブルに並ぶ 都内三強珈琲店である
(左):店舗外観! (右):店舗と同じ通りにある 工房(焙煎室)と、思われる
伺うのは 勿論 ドキドキの初体験!
で、まず その場所にも驚かされたが 扉を開けると、別の意味で 期待を裏切られた!
明るく 清潔感のある店内! 店員さんも女子が目立ち その名の通り クラッシックが似合う
客層も どこぞから集まって来たのやら 山の手の雰囲気が漂う お上品な感じ!
路上に転がる おっちゃん方を跨いで来たはずが… このキャップは なに? w( ̄▽ ̄;)w

話は やや飛ぶが 昔 母から聴いた話を思い出した
嘗て 宮大工であった じー(亡き父の呼名)は この地のドヤに寝泊りしながら 人を集めたそうだ
イヤナニ! 何らかの事情で この地に流れついた者の中には 腕利きの職人が埋もれていることも多く
どんなに 酒浸りでも ノミと金槌を持たせれば その才を発揮したという
日本各地を駆け回ったであろう職人らの中には 舌を肥やした者も少なくはないワケで…
この地で勝負することは 大きな意義がある!と、勝手に想像なんぞ! ゛(6 ̄  ̄)ポリポリ
でで、話を戻すと、こちらは 珈琲だけではなく 接客等にも定評があるようだが
この日は 取材が行われていたせいか 慌しく やや疎外感…
もっとも 途中で買ってしまった 激安の枝付きえだまめを抱えた 汗だくの非セレブ…
ぞんざいな扱いには 慣れっこだけどネ!
が、真の目的は 珈琲 である!
この店のブレンドは イタリアン(深煎)、バッハ(中深煎)、マイルド(中煎)、ソフト(浅煎)と
種類も豊富で その中から 中深煎りのバッハブレンド(570円)をチョイス!
香り、酸味、苦味も控えめで これなら 毎日ガブガブと、飲むことが出来る
お次は 中煎りのモカ・マタリ No.9(720円)!
普段使いの珈琲としては 高めであるが 酸味の後に 適度な苦味があり すっきりとした後味で 旨っ!
最後は 中深煎りのタンザニア・AA(570円)!
先の2杯よりも やや熱めで提供されたソレは 程好い酸味の中の爽やかな甘みが 印象に残った

何度も云うか 自分には 評論家のような繊細な舌は持ち合わせていない
旨いと、思う評価は 当然のことながら 自分の好みであって 日に何杯もカップを傾ける自分には
普段使いであることが前提であり 誰でも上手く 淹れさせてくれる豆であることが好ましいワケで
いただいた珈琲のどれもが ソレに近く 店主の想いが実感できる1杯だった
お土産に 中深煎りのバッハブレンド(100g/670円)をいただいた

ちなみに 店内&珈琲の画像は 許可をいただく雰囲気ではなく 撮ってましぇ~ん!
お隣のセレブチックなご婦人が バシバシ撮られており 羨ましいぞ!と、思いつつも
やんわりと、窘められており やはり ほどほどにしないとネ! (--)b゛

e0068119_20191113.jpge0068119_20191677.jpg
ココまで来たからには 噂のスカイツリーを目指す! って、いつの噂ヨ?
途中 馬毛のブラシを2本(152円)で Get!
が、歩けど 歩けど その道のりは遠く 到着した時には ヨレヨレ ボロボロ… (ノ;_ _)ノ =3

e0068119_22490075.jpge0068119_22490496.jpge0068119_22490941.jpg
凄いとは思うけど 突出した建物は この街には不似合いな印象が拭えない!
都心部の街づくりは いつだって 無理がある 期待された 周辺の便乗効果も さしてないようだ
複合商業施設にも 興味があるワケでもなく ざっと流して 上野駅行のバスに乗った
観光客を意識してか? 天井がガラス張りになっており 空が望めるのが イイやネ!

e0068119_22493072.jpge0068119_22493450.jpge0068119_22493809.jpg
おのぼりさん 気分を満喫! オォ-!!w(゚o゚*)w
通称:う○こビル(アサヒグルール本社ビル)、神谷バー、浅草雷門、かっぱ橋も ばっちり!

e0068119_20412247.jpge0068119_20412608.jpg
そして やって来たのは 上野@「とんかつ 山家(ヤマベ)御徒町店」!
一瞬 その外観に 敷居が高そうじゃん… と、ひるむも 看板を見て  ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
ロースかつ定食で 700円とは 期待感大っすよネ!
なんでも 両国にある「いちかつ」の系列店との噂!(行ったコトないケド!)

暖簾を潜り 白木の引き戸を引けば 奥に長いコの字型のカウンターが お出迎え!
座席数は 20席ほどか? 圧倒的に男性客が多く 女子は 自分を含め3人であった
場所柄か 気取りもなく 明るく そつのない対応に まずは 高感度!
で、着席と、ほぼ同時に提供されたのは 氷の入った冷茶に ゆず風味の大根の漬物である
脂身が苦手な自分は 迷わず ヒレかつ定食(900円)を注文!
一段高いカウンターに置かれた箸置きは 注文品の見分けで つまり "ヒレかつ"の証!
海老フライ、アジフライ、串かつが楽しめる ミックス定食(800円)の方が お得感があったかも…
と、思った頃に 汁物(蜆の味噌汁)と 白飯のサーブ!
蜆は 内臓の負担を助けるとされ とんかつと相性がイイとされているが いつも悩むのが その身!
出汁を取るだけなので 食さないといわれるが… どーなんっすか? (゚_。)?
白飯は 特に指定しない限り デホで 大盛りらしいが 食欲大魔神(人)の自分には 無問題!
が、少なめを注文した 隣の激写男子! ヘッ! w(゚⊿゚;)w 驚くのは なぜよ?
しかも その隣の元女子! 食べれないわよネ~的な話で 別客の元女子と、大盛り上がり!
まぁ 別に どーでもイイんですが 嫌な感じー! ホントは 喰えるくせに! (¬д¬) ジーーーッ!
でで、追い駆けるように メインのヒレかつが どど~んと、登場!
こんもりとした千切りキャベツの山に 約2cmはあろうかと、思われる 分厚さに 感動~♪
肝心のお味も う~ん サクサク ジューシー 差し歯のアタクシでも 安心して噛める やわらかさである
勿論 完食! イイんじゃないですか~ 山家さん!
但し、CP的魅力は ロースの場合なんで 次回は ミックスを試してみようと、思う ( ̄0 ̄)/ オォー!!

e0068119_23335944.jpg




明日は バッハの豆で淹れてみるよ!
上手く淹れられるかしらん?
以上 命懸けの徘徊記録は おしまい!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ アディオス~♪

[PR]
by katcat2121 | 2014-07-19 00:57 | The 喰らう! | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://katcat2121.exblog.jp/tb/22213235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いけみ at 2014-07-19 16:42 x
チンチン散策いいじゃないですか!(笑)
東京にいながらも、とてもゆっくりとした
時間が流れていて。
ええ感じですばい!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
Commented at 2014-07-21 02:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katcat2121 at 2014-07-21 12:41
チンチン電車>いけみさ~ん♪
あい! 民家を走り抜けながらの都電散策は 楽しかったです!
久しぶりの山谷も 刺激的でした!
スカイツリーは うぅ~んだったけど!
が、都電に乗るまでが 少々距離がございまして この時期は 辛かったです
途中で フラッペ 買い食いしちゃったもん! (・・*)ゞ
Commented by katcat2121 at 2014-07-21 12:44
ジョー>鍵コメさ~ん♪
そーしょ! そーしょ! 昭和の傑作だよネ!
あ、急に観たくなっちゃったじゃん!
が、あるんだよね~ん♪ DVD! o( ̄∀ ̄)oウツベシ! ウツベシ!
Commented by tatuotoko0406 at 2015-03-16 22:18
こんばんは。
今年ここら辺を今更ながらに散策し、アップしました。
いつもチャリンコで走ってるので、全然撮ろうと思ったことがありませんでした^^
そういやあ、ジョーが居たわな! とりあえず抑えとくか・・・
意外と面白かったです☆
それ以来、近所撮りがマイブームです。

バッハって、そうなんだ。
中へ入れば競馬中継だと思ってました(笑)
ゴメンね、バッハ。。。
Commented by katcat2121 at 2015-03-18 11:54
山谷>オレ様~♪
ウヒャウヒャ~ 引っ掛かって下さって (o ̄∇ ̄)/ あざぁーす!
あの町の独特の雰囲気というか ニンゲン臭さというか
面白さは 訪れた人にしか わかりづらいですものネ!

ジョー! かなり頑張っている感はありましたが やはり 髪型がネ...
今後 この町は どんな風に変化してゆくんっすかネ?
Commented by tatuotoko0406 at 2016-04-09 18:50
とりあえず、この町は身寄りのない高齢者の吹き溜まり&その面倒を見るボランティアさんたち・・・ かな。
外国人旅行者の宿として再生した簡易宿もあるから、外国人の方も多い・・・ かな。

で、今回の記事の力石!
普通は会わないかも知れない者らに巡り合う運命を、K◎さんには感じるなあ( ̄ー+ ̄) フッ.:゚+〜む
Commented by K◎ at 2016-04-10 11:03 x
オレ様 来てましたね!( ´∀` )b
レス あらためしますので しばし お待ちヲ!(´(ェ)`)
Commented by 外K◎ at 2016-04-10 19:52 x
>オレ様~♪
山谷地区は 本当に ニンゲン臭いところですよね! 
嘗ては そのニンゲン臭さに 抵抗を感じたものですが  
今は ある意味 居心地の良さを感じてしまうだなぁ~♪ 
お年頃なンかな? 永遠の19歳だけど!(-∀-`; )

変なもんばかり 眼に留まると、いうか...
どうせ出逢いがあるなら 宝くじが当たる売り場とかー 金脈とかー キラキラしたもんがいいっすよ!(´ε`;)ゞ
Commented by katcat2121 at 2016-04-10 20:00
戻りK◎です!
ありがとうね! オレ様~♪ ヾ(☆´3`)ノシ⌒chu♪
<< #Death anniver... #盂蘭盆会&13回忌! >>